FOOD珠子先生のヘルシーレシピ

【珠子先生のヘルシーレシピ2月】骨が喜ぶカルシウムたっぷりごはん

2021/02/26
岡本 珠子(おかもと たまこ)


今月は鶏⾁とがんもの煮物、⼩松菜の胡⿇⾖腐和え 、納⾖キムチのチーズ焼の三品
がんもどき、厚揚げ、胡麻豆腐、納豆などの大豆食品やチーズのような乳製品はカルシウムが豊富です。また、小松菜にはほうれん草の3倍以上のカルシウムが含まれています。

目次

鶏⾁とがんもの煮物



【材料】

鶏もも⾁             ⼤1枚  
がんもどき             4こ  
厚揚げ               1枚  
⼤根              1/3本  
にんにく             1かけ  
しょうが             1かけ  
紹興酒または⽇本酒         ⼤1 
鶏がらスープ(すこし薄め)   350ml 
しょうゆ              ⼤2  
オイスターソース          ⼩2  
砂糖                ⼩2  
⽔溶き⽚栗粉            適量  

【作り方】

1.⼤根は⽪をむいて1cmのイチョウ切り、鶏⾁、がんもどき・厚揚げは⾷べやすい⼤きさにカットする
2.フライパンにオイル(分量外)とみじん切りにしたにんにく、しょうがを⼊れて⽕にかけ、⾹りが出てきたら鶏⾁を加えてさっと炒める。お⾁の⾊が変わったら、⼤根を加えて炒め合わせる
3.紹興酒と鶏がらスープ、調味料、がんもどき・厚揚げを加えてから蓋をし、⼤根がやわらかくなるまで煮る。仕上げに⽔溶き⽚栗粉少々を振り、軽くとろみをつけて完成

※⻘梗菜、スナップえんどう、さやいんげんなどをさっと茹でたものを添えて

⼩松菜の胡⿇⾖腐和え 



【材料】

⼩松菜               1把
胡⿇⾖腐            150ℊ
醤油(またはだし醤油)       ⼤1
砂糖                ⼤1

【作り方】

1.⼩松菜は塩(分量外)少々のお湯で茹で、⽔気をきっちりと絞って3、4cmに切っておく
2.胡⿇⾖腐は醤油と砂糖を加えてなめらかになるまで混ぜる(ザルなどで漉すかフードプロセッサーを使うと早いですが、ホイッパーでも混ざります) 
3.1の⼩松菜を2で和えて完成 

※ほうれん草、春菊などでもおいしいです。ちくわを加えてボリュームアップも 

納⾖キムチのチーズ焼


【材料】

納⾖              1パック
キムチ              50ℊ  
シュレッドチーズ         50ℊ 
薄⼒粉              30ℊ 
⽔                ⼤1〜 
ごま油               ⼤1
⽔溶き⽚栗粉            適量
  

【作り方】

1.ボウルに納⾖、細かく刻んだキムチ、チーズ、薄⼒粉、⽔を⼊れて、よく混ぜる
2.フライパンにごま油を⼊れて⽕にかけ、1のたねをスプーンですくって落とし⼊れて焼く
3.⽚⾯に焼き⾊がついたらひっくり返し、スプーンで押し付けるように平らにし、表⾯がカリカリになるまで焼く  

※お好みで、付属の納⾖のタレや、マヨネーズなどを添えて。刻んだ⻘ネギを⼊れてもおいしいです 


岡本 珠子(おかもと たまこ)
料理家
身体が喜ぶ旬の食材を生かしながら、おいしさだけでなく、美しい盛り付けの料理に力を注ぐ 自宅での料理レッスンの他、イベント講師、撮影調理やフードスタイリング、企業レシピ考案などを中心に活動中