FITNESS

【初心者必見】プッシュアップバーで大胸筋を追い込め!【筋トレ】

2020/12/11
中川 八十彦


突然ですが、大胸筋ってイイですよね。張りのある胸は健康の証。
イイ大胸筋を作るにはプッシュアップバーを使うのがおすすめです。プッシュアップバーを持っていない方は今すぐポチりましょう。
 
この記事ではプッシュアップバーを使うメリットと、効果的なプッシュアップバーの使い方を解説します。大胸筋をピクピクさせたい方、美しいバストを作りたい方、必読です。
 

なぜプッシュアップバーを勧めるのか?

①可動域が広がるから

筋トレにおいて、大事なことは如何にして筋肉を追い込むかです。そのためには可動域を最大限使うことが必須です。可動域を広げることで対象の筋肉に対して満遍なく刺激を与えることが出来ます。プッシュアップバーを使わない腕立て伏せだと、沈み込む際に胸が床についてしまうため可動域に制限がかかってしまいます。一方、プッシュアップバーを使うと可動域を最大限使うことが出来ます。よって、効果が高めることができ、大胸筋も喜びます。
 

②手首にやさしいから

筋トレにおいて、もう一つ大事なことはケガをしないことです。健康になろうとしてケガをしてしまっては本末転倒です。プッシュアップバーを使用しない腕立て伏せだと常時手首を曲げた状態で負荷をかけてしまうので、手首を痛めたことがある方や柔軟性が低い方は炎症を起こす可能性があります。プッシュアップバーを使うと、手首の関節を曲げることなく腕立て伏せができるので、ケガのリスクを減らすことが出来ます。
 

大胸筋に効かせるプッシュアップバーの使い方

1.プッシュアップバーは肩幅+拳2つ分の幅で八の字に設置せよ

右肩と左肩を結んだ線と平行になるように設置しましょう。この置き方のおかげで大胸筋を目いっぱい開くことができます。

2.体は一直線にせよ

頭から踵まで一直線にすることが肝。足幅は肩幅より少し狭くしましょう。首が曲がったり、腰を反ったりすると効率的に効かず、関節を痛める可能性もあります。

3.胸は手よりも下まで下げよ

肩甲骨を寄せるイメージで、息を吸いながらゆっくりと体を下ろします。そして、肘をしっかりと曲げ、胸を最大限まで下ろすことでプッシュアップバーの効果を最大限、享受しましょう。

4.しっかりと体を挙げよ

息を吐き、肩甲骨を開きながら素早く体を起こしましょう。くれぐれも呼吸を止めてはいけません。
これがキツくてできない方は膝を着いて行いましょう。
 
以上の腕立て伏せを限界まで行いましょう。何回でしたか?それがあなたの限界回数です。限界回数をインターバルをとりながら2~4セット行いましょう。インターバルは30~60秒とりましょう。日々、プッシュアップを行っていくうちに余裕が出てくるのでセット数を増やしたり、回数を増やしたりしましょう。また筋肉痛の日は良いパフォーマンスを出せないので大人しく休みましょう。
 

さいごに

プッシュアップバーは大胸筋以外に、上腕三頭筋や三角筋を鍛えるためにも使えます。プッシュアップバーは通販で千円くらいで買えるので、購入して大胸筋を育てましょう。


中川 八十彦
株式会社オゾンヘルスケアラボラトリー
株式会社オゾンヘルスケアラボラトリーのプロジェクトマネージャー。 1995年、横浜生まれ。東京農業大学醸造科学科の学士課程を修め、菌類と日本酒の生化学的な理解を深めた。卒業論文は『古細菌の単離と系統解析』。その後、株式会社東芝デジタルソリューションを経て株式会社オゾンヘルスケアラボラトリーに入社。
目次