WELLNESS

ターンオーバーとは?ターンオーバーを整えて健康な肌に!

2021/01/22
稲沢 若菜

冬の乾燥に加えマスクを付けての生活でお肌の状態が揺らぎがちではないですか?くすみ、肌荒れ、毛穴の目立ち、ごわつきなど、人それぞれ様々な問題があると思います。
今回はその問題を解決するために、よく耳にする「ターンオーバー」という言葉についてまとめました。


目次

ターンオーバーとは

ターンオーバー」とは表皮や角質層で起こる細胞の生まれ変わりです。
私たちの肌は一定のサイクルで生まれ変わっており、このサイクルが乱れることにより肌に異常が起きてきます。肌トラブルの原因となるということです。
肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっており、さらに表皮は「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層でできています。
基底層で新しい細胞が生まれ少しずつ形を変化させながら角質層まで登っていくのに4週間かかり、角質層で古い角質層を剥離し新しい角質層が顔を出すのに2週間、合計6週間かかります。個人差もありますが肌は常に新しい細胞へ生まれ変わっているということです。
これが乱れると古くなった角質細胞がいつまでも剥がれずにいるため、保湿成分が作られにくくなったりと肌に異常をきたしてきます。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーが乱れることにより肌のバリア機能が低下します。低下することにより紫外線や乾燥の影響を受けやすくなり、肌荒れが起きてきます。
角質層では、細胞と細胞の間を埋めるため細胞間脂質や水分などの保湿成分があります。その保湿成分が紫外線やホコリなどの刺激から肌を守り、そして水分を外に逃さないようにと肌をバリアしていますが、ターンオーバーが乱れることでバリア機能が低下してしまうのです。

乱れる原因

原因の1つ目が紫外線、2つ目が加齢、そして生活習慣が関係しているとされています。
いくつかの原因が重なれば、それだけ身体や肌に大きな負担をかけていことになります。

  • 寝不足
  • ストレス
  • 疲労
  • 過度なダイエット
  • 食生活の乱れ
  • 喫煙
  • 運動不足
  • 冷え性
  • 便秘

これらの原因によって、ターンオーバーのサイクルが乱れ、肌を守るバリアの機能が低下し、肌の様々な悩みにつながります。

ターンオーバーを整えるためには

まず、紫外線対策をしっかりと行いましょう。紫外線に関しては「肌老化の原因は80%が紫外線」というコラムがあるので参考にしてみてください。
そして、生活習慣を見直してみましょう。しっかりと睡眠時間は確保できているか、バランスの整った食事を朝・昼・晩の3食とっているか、自分の生活習慣を見直した時、改善点が出てくると思います。自分の負担にならないように、少しずつ生活習慣を改善してみましょう。

【参考文献】
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/41_hadaare/
https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/roughskin/turnover.html
https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/1032
https://www.lib.cis.ac.jp/drupal/sites/default/files/koukai2017-5.pdf


稲沢 若菜
株式会社オゾンヘルスケアラボラトリー
株式会社オゾンヘルスケアラボラトリーの営業。1996年生まれ。